スケジュールを考慮する

レディ

忙しい人にオススメ

美容整形で人気の施術方法となっているボトックス注射は、施術してからすぐに効果が表れて、永久的に持続するというものではなく、効果に期限があります。シワ取りや多汗症緩和などの施術目的によって異なってきますが、効果が表れ始めるのは1週間ほどから1か月、その後徐々に効果が高まってピークとなります。そして、ピーク後少しずつ効果が弱まって4か月ほどから1年ほどで効果がなくなってしまいます。そのことを十分に理解した上で利用することが大切で、特定の日時に目標を達成したい人は特に心がけなくてはなりません。例えば、「結婚式当日までにボトックス注射で小顔になりたい」と思う人がいたとします。小顔目的の場合は、施術後1か月後くらいから効果が表れ始め、効果がなくなるのは半年から1年ほどだと言われています。つまり、ピークは3カ月から4カ月後くらいです。それなのに結婚式の数日前にボトックス注射を施したとしても、挙式当時ではその効果を実感することはありません。結婚式の3カ月から4カ月前にボトックス注射を利用すれば、効果のピークを挙式に合わせることができ、より美しい姿で結婚することができるわけです。きちんとスケジュールを立てて行うことで、美容整形の施術をより効果的に利用することができます。美容整形クリニックを利用するときは、ボトックス注射の種類や内容だけでなく、利用する目的やその日時なども医師と相談しながら決めていくことが大切です。そうすることで、より満足する結果を得られることになるでしょう。このボトックス注射は、人体へのリスクがほとんどないため、忙しい人に向いている美容整形の施術方法だと言えます。というのも、他の美容整形というのは切開を必要とし、その手術時間が数時間に及ぶものもあり、ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)が1週間から数か月かかることが少なくありません。入院するケースもありますし、仮に入院しないとしても施術部位をガーゼや包帯で覆う必要があり自宅静養を余儀なくされることもあります。それでは働いている人には、休む必要や仕事に影響を及ぼすため美容整形を利用しにくくなります。しかし、ボトックス注射は、施術時間は注射するのみなので、麻酔の時間を含めたとしても10分から数十分で終了してしまい、ほとんどの場合は30分もかかりません。そして、拒絶反応や副作用などもほとんどないため、施術後に帰宅することも可能です。そのため、会社帰りに美容整形クリニックに寄ってボトックス注射してから帰宅するという人も少なくありません。注入した部位は2日から3日ほど赤く腫れることがありますが、メイクをすることができるため簡単に隠すことができます。もちろん、ガーゼや包帯などで覆う必要は全くありません。また、施術後の2日から3日は激しい運動やアルコールを控えることが大切ですが、そこだけ気を付けておけば日常と同じ生活・仕事をすることができます。このように、ボトックス注射は仕事に影響をほとんど及ぼさない美容整形となるため、日々一生懸命に働いている社会人にピッタリの施術方法だと言えるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス注射で体の悩みを解消【幅広い分野で利用できる治療方法】 All Rights Reserved.